Skip to content
6月 9 14

恵まれた住環境の江東区の新築分譲マンションとは

by admin

グランスイート南砂|江東区・東西線「南砂」駅の新築マンション東京江東区城東地区には2000年から2010年にかけて3つの大型商業施設が相次いで誕生しています。その3つを合わせて実に274店もの店舗を擁する商業施設となっています。また、時を同じくして大型医療・介護施設なども誕生しています。このような生活に密着した商業施設や医療・介護施設は大都市東京にあって、そこで暮らす人たちにとってはとても重要な要素です。これらの条件を満たした住環境に優れた新築マンションを紹介します。それが丸紅が手がける新築マンション「グランスイート南砂」です。公式ホームページはこちらgs-minamisuna.com

江東区の新築マンション「グランスイート南砂」はこの生活環境が充実した江東区城東地区に新しく生まれる新築・分譲マンションです。アクセスは東京メトロ東西線「南砂町」駅から徒歩8分と10分圏内にあります。直通で日本橋まで10分、大手町へ約11分と良好なアクセス環境です。

販売個数全39戸中、36戸は採光、通風に優れた角住戸設計となっています。販売価格は3LDK南向き4,000万円台から3LDK南東角住戸設計4,400万円台となっています。テラス付き、キッチン窓付きなど13のバリエーションの中からお選びいただけるようになっています。また、リビングやダイニングルームはゆとりの天井高約2780㎜を確保し、くつろぎの空間を演出しています。城東地区有数の人気エリアである江東区南砂町に誕生する新築・分譲マンション「グランスイート南砂」の資料請求はこのサイトからお気軽に出来るようになっています。ぜひアクセスしてみてください!

2月 24 14

今どきは土地売却より活用を

by admin

岡崎市にある実家の土地と家を売却したいと考えていますが、最近の土地活用という概念にも興味があるし・・・と思いながらネットでぶらぶらしていると、【三井ホーム岡崎市の土地情報サイト】にたどり着きました。

なるほど、土地を売却してしまうという発想から、土地を活用して長期収益を得るという発想にシフトするということなのですね。

そうするとポッと頭に浮かぶのは、アパート経営ですか・・・。
三井ホームのサイトに斬新な提案があり、いっそクリニックを建ててしまうというアイディアです。

なぜそのような発想になるかというと、開業を考えている医師も、初期投資額に経費をかけるのは抑えたいという希望をもつ医師が増加中ということ。

これからの高齢化社会に向けて、政府もホームドクターの方向性を強く打ち出していることから、住宅街のクリニックは必要度が高まってくることが考えられます。

他には、定期借地権事業で土地活用を図ること。
定期借地権を設定するメリットは、相続税の底地評価割合が約60%に軽減されること。

一般定期借地権が一段と魅力的になったことが大きなメリット。
また、固定資産税の軽減も魅力です。

定期借地権事業は都心部に土地を持っているケースで、メリットは十分に活かされるかもしれません。