Skip to content
9月 28 15

自分の理想の土地を見つけよう

by admin

家を注文住宅で建てる場合、まず探さなくてはいけないのは土地です。もう建てる場所が決まっているというなら別ですが、これから決めるという場合は、どんな一戸建てを建てたいのかによって土地も選ぶことができます。でも、広さや場所によって金額も違いますから、あまり土地にお金をかけるわけにもいかないでしょう。どんな土地を選ぶべきか、迷ってしまうのは当然です。土地によっても建てられる建物が限られる場合もありますから、やはりプロの意見を聞いて選ぶ必要があるでしょう。

ランドハウスネットワークは佐野市で土地を探す人のお手伝いをしてくれるプロです。佐野市の土地のことならお任せというぐらい、とても詳しいので安心できます。もちろん土地だけではなく、中古住宅なども紹介してくれます。土地探しを始め、これからずっと住み続ける家を探したいという人は、ランドハウスネットワークに相談してみましょう。

ランドハウスネットワークの公式サイトはこちら、http://landhausu.com/です。サイトでもいくつか紹介している土地はありますので、まずはどんな業者なのか、サイトを見て知っておきましょう。いい土地を見つけるためには、親身になって相談に乗ってくれるプロを見つけなくてはいけません。

5月 3 15

地盤調査ならこの業者がおすすめです。

by admin

構造物を建てるにあたって、その場所の土の性質を調べることは必要不可欠と言われています。

この作業のことを”地盤調査”というのですが、土の堆積環境や生成発展を地質学的に調べることでその性質などを知ることが可能です。

地盤調査の主な目的として、地盤が構造物を安定した状態で支持することができるかや、その方法を調べることが挙げられます。

もし地盤調査を必要としている企業様があれば、ぜひ『フィールドワークコンサルティングMAP(地盤調査の管理人推奨HP)』を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらは、地盤調査や地質調査専門会社として20年以上の経験かつこれまでに50000件以上もの調査実績を誇っています。

つまり、地盤調査のエキスパートであり、さまざまな対応ができる企業として知られているんです。

上記の公式ホームページをご覧いただきますと、作業項目が一覧で掲載されているのでとてもわかりやすいことが特徴。

現地調査や地盤解析業務と言ってもさまざまな内容がありますので、ご都合に合わせてお選びください。

また、これまでの事例一覧では

・一般企業関係者

・建物関係者

・工場関係者

・工事関係者

・法律、行政、学術関係者

があり、多くの分野から地盤調査の依頼があるということがうかがえます。

詳細も合わせてホームページで確認してみてください。

9月 10 14

賃貸物件を探しているときに気を付けるべきこと

by admin

新生活を始めるにあたって今まで住んでいた地域から離れて新しい所に住まいを持つとなると賃貸物件を見つけないといけません。生活していくための住居がなければ住所も持てませんし、雨風をしのぐこともできません。ただ初めて賃貸物件を探すなんて人はどうやって見つければいいのかわからないことも多いと思います。賃貸物件を探すときのポイントを考えてみましょう。

賃貸物件を探すときのポイントは家賃について、保証金や敷金などの情報、賃貸物件の立っている環境の問題、アクセスについてといったことが大事になります。家賃は毎月払っていかないといけません。払えなくなると追い出されても文句は言えませんので支払える範囲の賃貸物件を見つけましょう。保証金、敷金、礼金などはできれば無料のところがいいでしょう。敷金は後で戻ってくる可能性があるから問題ないかもしれませんが、保証金や礼金は払わなくてもいい物件を探してみる必要があります。

物件の立っている環境問題は騒音などがあります。夜になるとうるさい、工事中、隣の家の子供がうるさいといった問題にも気を付けてみましょう。アクセスは学校に通うにしても通勤にしても時間のかからない移動手段を確保できるかが大事です。

こういったポイントを踏まえて賃貸物件を探してみるといいですよ。

2月 24 14

今どきは土地売却より活用を

by admin

岡崎市にある実家の土地と家を売却したいと考えていますが、最近の土地活用という概念にも興味があるし・・・と思いながらネットでぶらぶらしていると、【三井ホーム岡崎市の土地情報サイト】にたどり着きました。

なるほど、土地を売却してしまうという発想から、土地を活用して長期収益を得るという発想にシフトするということなのですね。

そうするとポッと頭に浮かぶのは、アパート経営ですか・・・。
三井ホームのサイトに斬新な提案があり、いっそクリニックを建ててしまうというアイディアです。

なぜそのような発想になるかというと、開業を考えている医師も、初期投資額に経費をかけるのは抑えたいという希望をもつ医師が増加中ということ。

これからの高齢化社会に向けて、政府もホームドクターの方向性を強く打ち出していることから、住宅街のクリニックは必要度が高まってくることが考えられます。

他には、定期借地権事業で土地活用を図ること。
定期借地権を設定するメリットは、相続税の底地評価割合が約60%に軽減されること。

一般定期借地権が一段と魅力的になったことが大きなメリット。
また、固定資産税の軽減も魅力です。

定期借地権事業は都心部に土地を持っているケースで、メリットは十分に活かされるかもしれません。